Kataro ホームページ 「 河太郎 」 第 18 号 平成 21 年 ( 2009 年 ) 3 月 1 日

釧路に於ける音楽鑑賞活動の流れの中で ( 11 )

徳田 廣



活動脈脈・釧路交響楽団

 第 1 回定期演奏会は 79 年 7 月、釧路市公民館で行われ、モーツアルトのセレナーデ等を演奏した。以下 「 表 1 」 参照。創立当時の頃を振り返って " カルテットの人数で練習したシンフォニー " とコンサートミストレスの直江はるみさんは述べ、初代指揮者の長野正美さんは " それ以前に 9 年間ほど釧路室内管弦楽団をしていたが、それ以上に力を付けねばならないという思いが強くあって、吹雪になるとすきまから雪が入り凍える手でヴァイオリンを弾くような練習 " と回顧している。それから約 30 年経ち、今年 8 年第 31 回の定期演奏会を迎える。ここで釧響の歩みを尋ねてみようと思い、別表にまとめてみた。表中 ( 1 ) は第一回定期を示し、以下同様。表中にあげた曲目は各回の数曲で、各回平均 5 曲程であるが、 30 年でみると一五〇曲、更にサマーコンサート ( 各回平均 6 曲弱 ) は 60 曲、合計二一〇曲ほどになり、膨大な曲数を手がけてきたことになる。

釧路交響楽団第 25 回定期演奏会

サマーコンサート

 サマーコンサートは 98 年 7 月から始まり 08 年 6 月まで 11 回行われている。比較的ポピュラーな小品が多いが、、年々親しまれて来ている。これらは石窪満さん ( 磯分内中学校教諭 ) がタクトをとっている。以下 「 表 2 」 参照。
 釧響の団員は約 50 名、団友を加え約 70 名であり、社会人や学生など若い人が増えて来ていてジュニアも参加している。練習は以上のような団員構成と地方の人もいるので、毎週土曜日の夜に行っている。

桜井敬一団長 ― 「 音 」 と 「 和 」 を求めて ―

 桜井さんによれば 「 音 」 さえ出しておればごきげん、 「 音 」 の響き合いの中にいることだけで大満足、 「 音 」 を磨くことだけに集中する思いをもった仲間たちが集まり、献身的な音づくりに取り組むひたむきなこころ、その和の中に身を委ね、時の経つのも忘れる程に音づくりを続けての 「 今 」 と述べている。桜井さんは創立当初から団長をつとめているが、 49 年、釧路で生まれ、湖陵高校、道教育大釧路校を卒業、東京芸術大学音楽部セロ科委託終了。毛利巨塵 ( 東京芸術大講師 ) 、シャホフスカヤ ( ロシア ) 等と学び合う。道教大付属中学校、景雲中、共栄中、美原中、桜ヶ丘中、道教大釧路校非常勤講師など勤務、 79 年、釧路音楽協会から第 5 回高後賞を受けた。その活動振り、活動年数から言っても 「 市民文化奨励賞 」 受賞に値するものではなかろうか。常任指揮者は泉史夫、チェロの毛利巨塵が音楽監督両氏が勤めている。

団長桜井敬一氏

常任指揮者 泉 史夫さん

 史夫さんは作曲を父陽一、木村雅信、ピアノを長野正美、指揮法を三沢洋史などに学び、 81 年、国立音楽大学作曲学科卒業、 82 年、釧路新人演奏で自作ピアノ曲 「 そして静寂の中へ 」を発表し、奨励教育長賞受賞、 85 年、釧路交響楽団常任指揮者となり、現在に至る。同年釧路音楽協会高後章受賞、 88 年、釧路郷土芸術賞受賞。札幌現代音楽、日本作曲家協議会等の会員、釧路市立弥生中、共栄中、北中の教職も勤めている。

泉史夫釧路交響楽団常任指揮者

 同交響楽団のマネージャー今井千鶴子さんは 59 年、釧路勤労者音楽協議会 ( 労音 ) 発足当時から活動し、労音が 「 くしろ音楽 」 と改名したが、釧路でのベートーベン 「 第九交響曲 」 公演に尽力し、その後も釧路交響楽団のマネージャーを務め、同楽団の影の功労者として活躍している。
 釧路交響楽団の存在と理解は次第に深まり広まりつつあり、市民の強力な支援により同楽団の益々の活躍、発展を期待したい。

チェロに魅せられ、飛世春夫さん

 飛世さんは同楽団の最年長者。チェロの朗々とした響き、好きな木を使った楽器、座って弾くその姿がさまになりそう。加えて宮沢賢治の 「 セロ弾きのゴーシュ 」 の影響を受け、賢治が買ったという東京神田の下倉という楽器店まで出掛け、チェロを購入した。その時、店主がまったく初心者の小生に楽器の持ち方、運び方、背負い方など丁寧に教えてくれた。そして桜井敬一先生についてチェロの奏法を学んだと言う。 94 年 7 月 ( 釧響第 17 回定期 ) 、入団している。チェロの中低音が両膝から胸に振動となって伝わる感覚は実に楽しいと言い、水彩画も描き、俳句もやるという、人生前向きに歩いている御仁である。

釧路交響楽団最長老チェロ奏者 飛世春夫さん

参考資料

     ・釧響定期演奏会、サマーコンサートプログラム等
     ・飛世さん所有の釧響等資料
     ・釧路新聞・北海道新聞等

訂正      前17号誌の17ページに 「 丹波節郎 」 とあるが、 「 丹葉節郎 」 の誤り。

表 1  演奏年と主な曲目


          ( 1 )  79 年 7 月
               モーツアルトのセレナード PC 20 番 K 466 他
                    ピアノ 中谷 弘
          ( 2 )  79 年 11 月
               ベートーベン 「 エグモント 」 序曲、ハイドン交響曲 101 番
               「 時計 」
                    長野正美、木村雅信、大谷短大教授
          ( 3 )  80 年 8 月
               ハイドン 交響曲 100 番 「 軍隊 」 シューベルト 「 未完成 」 交響曲
                    長野正美、木村雅信、大谷短大教授
          ( 4 )  81 年 12 月
               モーツアルト 交響曲 「 40 番 」 、グリーク ピアノ協奏曲
                    長野正美、木村雅信、大谷短大教授
                    ピアノ 平賀寿子
          ( 5 )  82 年 8 月
               バッハ チェロ協奏曲、ベートーベン 交響曲 「 第 8 番 」、他
                    長野正美、木村雅信、大谷短大教授
                    チェロ 毛利巨塵
          ( 6 )  83 年 10 月
               モーツアルト 交響曲第 41 番 「 ジュピター 」
                     木村雅信、( 筝・十七弦のための ) コンチェルト、他
                    筝 小畑恵一、十七弦 小畑恵子
          ( 7 )  84 年 7 月
               ヘンデル ハープ協奏曲、ブラームス 交響曲第 2 番、他
                    木村雅信、 ハープ 坂本絹子
          ( 8 )  85 年 10 月
               木村正信ピアノ協奏曲、ベートーベン 交響曲第 1 番、他
                    泉史夫、木村雅信、ピアノ 泉史夫
          ( 9 )  86 年 11 月
               ベートーベン交響曲第 3 番 「 英雄 」、グリーグ 組曲 「 ペールギュント 」第 1 , 2 から、他
                    泉史夫、木村雅信
          ( 10 )  87 年 10 月
               木村雅信 祝典舞曲 ( 釧響 10 周年記念 ) 、ハイドン チェロ協奏曲第 2 番、他
                    泉史夫、木村雅信、チェロ 毛利巨塵
          ( 11 )  88 年 12 月
               ベートーベン 交響曲第 4 番、ハイドン ピアノ協奏曲、他
                    泉史夫、ピアノ 笠原茂子
          ( 12 )  89 年 9 月
               ブルッフ 「 コル・ニ・ドライ 」、ドボルザーク交響曲第 8 番 「 イギリス 」、他
                    泉史夫、チェロ 毛利巨塵、ハープ 坂本絹子
          ( 13 )  90 年 12 月
               ベートーベン交響曲第 5 番 「 運命 」、ロドリーゴ アランフェス協奏曲、他
                    泉史夫、チェロ 毛利巨塵、ギター 赤坂幸吉
          ( 14 )  91 年 9 月
               モーツアルト 「 魔笛 」 序曲、ドボルザーク交響曲第 9 番 「 新世界より 」 、他
                    泉史夫
          ( 15 )  92 年 11 月
               泉史夫 「 失言の陽 」 ( 筝とチェロとオーケストラのための一章 )、ブラームス交響曲第 1 番、他
                    泉史夫、筝 小畑恵一、チェロ 毛利巨塵
          ( 16 )  93 年 11 月
               ウェーバー 「 魔弾の射手 」 序曲、ベートーベン交響曲第 7 番、他
                    泉史夫
          ( 17 )  94 年 7 月
               泉史夫 「 湿原の詩 」 ( 筝,オーボエ、コールアングレーとオーケストラのための一章 ) 、ベートーベン交響曲
               第 6 番 「 田園 」、他
                    泉史夫、筝 小畑恵一、オーボエ: 諏訪弥貴子、コルアングレー 諏訪信哉
          ( 18 )  95 年 11 月
               メンデルスゾーン 交響曲第 4 番 「 イタリア 」、ドボルザーク チェロ協奏曲、他
                    泉史夫、チェロ 毛利巨塵
          ( 19 )  96 年 11 月
               ベートーベン ピアノ協奏曲第 3 番、シューマン 交響曲第 3 番 「 ライン 」
                    石窪満、ピアノ 荒谷宏
          ( 20 )  97 年 12 月
               釧響創立 20 周年記念演奏会 ベートーベン 交響曲第 9 番 ( 合唱付 )
                    泉史夫、合唱 釧響と第九を歌う合唱団
          ( 21 )  98 年 12 月
               モーツアルト オペラ・アリア集から、シベリウス 交響曲第 2 番
                    泉史夫、ソプラノ 菊池紅、バリトン 杉野正隆
          ( 22 )  99 年 12 月
               チャイコフスキー 交響曲第 6 番 「 悲愴 」、モーツアルト 協奏交響曲
                    泉史夫
          ( 23 )  2000 年 12 月
               泉史夫 組曲 「 オマージュ 」、ブラームス 交響曲第 4 番
                    泉史夫
          ( 24 )  01 年 12 月
               ハイドン オーボエ協奏曲、チャイコフスキー 交響曲第 4 番
                    泉史夫、オーボエ 岩崎弘昌
          ( 25 )  02 年 11 月
               泉史夫 釧響 25 周年記念のオーケストラ祝典舞曲、ドボールザーク 交響曲第 7 番、パガニーニ バイオリン協奏曲 第 1 番
                    泉史夫、バイオリン 石井啓一郎
          ( 26 )  03 年 12 月
               ブラームス ハイドンの主題による変奏曲、他
                    泉史夫
          ( 27 )  04 年 11 月
               ラフマニノフ PC 第 2 番、ブラームス 交響曲第 2 番、他
                    泉史夫、ピアノ 進藤信子
          ( 28 )  05 年 11 月
               シベリウス 交響詩 「 フィンランディア 」、シューベルト 交響曲第 8 番 「 グレート 」
                    泉史夫
          ( 29 )  06 年 11 月
               チャイコフスキー 「 ロココの主題による変奏曲 」、ブラームス 交響曲第 3 番、他
                    泉史夫、チェロ 毛利巨塵
          ( 30 )  07 年 12 月
               釧響第 30 回記念演奏会、ベートーベン レオノーレ序曲第 3 番、交響曲第 9 番 ( 合唱付 )
                    泉史夫
                    ソプラノ 菊池紅、アルト 斉藤みゆき、テノール 大野光彦、バリトン 杉野正隆
                    合唱 釧響と第 9 を歌う会、合唱指揮 中野国韻
          ( 31 )  08 年 11 月
               ブラームス 悲劇的序曲、チャイコフスキー 交響曲第 5 番、カッチーニ 「 バッハとグノーのアヴェマリア 」
                    泉史夫、ソプラノ 菊池紅

表 2  サマー・コンサート

          ( 1 )  98 年 7 月
               シューベルト 「 ロザムンデ 」 より間奏曲、他
                    石窪満
          ( 2 )  99 年 7 月
               シュトラウス 「 ウィーンの森の物語 」 「 高弟円舞曲 」、他
                    石窪満
          ( 3 )  00 年 6 月
               ハチャトゥリアン演舞組曲 「 ガイーヌ 」、他
                    石窪満
          ( 4 )  01 年 6 月
               ムソルグスキー 「 禿山の一夜 」、他
                    泉史夫
          ( 5 )  02 年 6 月
               ボロディン 交響詩 「 中央アジアの草原にて 」 歌劇 「 イゴーリ公 」よりダッタン人の踊り、他
                    石窪満
          ( 6 )  03 年 6 月
               シュトラウス 喜歌劇 こうもり 序曲、ビゼー 歌劇カルメン第 1 組曲
                    石窪満
          ( 7 )  04 年 6 月
               チャイコフスキー 「 白鳥の湖 」より第 2 幕 "情景" 、他
                    石窪満
          ( 8 )  05 年 6 月
               シベリウス カレリア組曲、他
                    石窪満
          ( 9 )  06 年 9 月
               ホルスト 惑星より 火星 金星 木星、他
                    石窪満
          ( 10 )  07 年 6 月
               ズッペ 軽騎兵序曲、他
                    石窪満


Updated 29 April, 2020